文舵練習問題

03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(10)

 陸橋から電車を見下ろす。まだ肌寒い三月。一人の部屋に戻るのが嫌で、ここで酒を飲んでいる。 「何、飲んでるんですか」  あたたかい声がした。振り向けば春がいた。  つやつやとした茶髪から覗く、まあるく大きな耳。柔らかくこ...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(9-2)

①(人物)  インターホンのベルが鳴る。画面の中に二人の女が立っている。  五年前に大学への近さだけで選ばれた築三十年、1K二〇平米、三階、バス・トイレ別、月7万円の部屋は彼女の入居前に一通りリフォームされて、内装には築年数を...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(9-1)

問一 「なんか、喋んないですよね」 「え?」 「いつも黙っちゃうじゃないですか」 「いや、そう?」 「そうですよ! え、自覚ないんですか? いまも黙ってましたよね?」 「いや、でも、喋るのも変じゃない?...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(8)

【問一:明示的な視点の切り替え】  神谷内香織は、目を開けているのか閉じているのかわからなくなった。まばたきをして、かっと目を見開いてみる。すると少しの間は確かに目を開けていると思えるのだが、数歩進むうち曖昧になる。そんなとき、前に...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(7-3)

【問四(潜入型の語り手)】  神谷内香織は湯に身体を沈め、息を大きく吐いた。急に始まったこの二人旅、いきなり知らない土地で宿無しになりかけ、なんとか見つけた宿は廃屋同然。どうなることかと緊張続きだったところから、存外と感じの良い露天...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(7-2)

【問二(遠隔型の語り手)】  一灯の明かりだけが照らす小さな露天風呂に、二人の若い女がいた。  一人の女が湯に入るところだ。もう一人に遠慮するような間柄ではないらしく、肌を露わに湯船に足を踏み入れる。身を浸しながらその表情はも...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(7-1)

【問一(三人称限定視点)①】  香織が湯に身体を浸すと、熱が染みた。全身の力が抜け、思わず声が出そうになって、けれども出てきたのは長い吐息だけだった。  夜闇に立つ湯気の中、手を伸ばせば届く距離で、燈花は目を閉じている。いつも...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(6)

【三人称/全体を現在時制】  老婆はお守り代わりの銃床を撫で、闇に沈む相手を睨む。狩人の目だ、いまも変わらぬ、と闇から声。違うね、老いれば変わる、と彼女は答える。もう銃なんて使えない。出されたカードから指定枚数を選びデッキとする。節...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(4)

問一:  目を閉じ、息を吐ききる。刹那、闇を見切った男の足元、蛇が落ちて転がった。切ったのだ。鋭い切っ先の輝きに、蛇たちは殺意の叫びを向ける。緋色に切れ込む魔眼も、男が目を閉じていれば力を顕さない。蛇たちは一斉に毒牙を光らせ、堰を切...
03_作品

『文体の舵をとれ』練習問題(3)追加

追加問一: 何がヒーローやこれよう言わんわ。 こんな剣ほんま重たいであかんわ。 狭くてかなわんし何や空気悪いわ。 なんやねんこの15て浮いとるん。 歳ちゃうなもう今年19やさかい。 なんか言うてえな聞こ...
タイトルとURLをコピーしました