『新しい世界を生きるための14のSF』 伴名練・編

 皆さんは加速しましたか?

『二〇二二年五月時点で、まだSFの単著を刊行していない』作家限定(例外もある)で、過去五年間に発表された短編を集め、日本SF界の歴史を十年加速させることを目的に編まれたアンソロジー。上記ツイートの通りの経緯で見本をいただきました。「点対」のリフロー型電子書籍化不可も見届けたかったからKindle版も買った。

 以下は収録作品そのものについての感想を記録するのですが、各作品のSFサブジャンルに対して伴名練が凄まじい熱量の四ページ解説を付けており、そちらも圧巻です。収録作品自体はそれぞれの初出媒体で読んでいるという人も結構いると思いますが、そういう人でもぜひ読むべき一冊だと思いました。


 以下、直接的な核心は避けるものの、ネタバレがある。

 特に好きなのは、「回樹」、「点対」、「冬眠世代」、「ショッピング・エクスプロージョン」、「無脊椎動物の想像力と創造性について」、「夜警」。

「Final Anchors」八島游舷

  • 衝突直前の自動車の自動運転AI同士が一瞬の間に繰り広げる交通事故状況調停。
  • 設定、導入がすさまじく良い。衝突直前の自動車の自動運転AI同士、状況調停、ダウナー、ファイナルアンカー、二段階目の秘密の調停など、二の矢、三の矢まで含めた状況設定がとても上手く、どんどん引き込まれてしまった。
  • ただ、結末は納得感が薄く感じた。AIがこういう人間らしさを発揮するのは別に良いというかむしろそういう作品も好きだけど、この作品世界の設定とは食い合わせが悪くないか、と思った。トロッコ問題よりゲーム理論になっちゃいません?

「回樹」斜線堂有紀

  • 取調室で恋人との過去を回想する女と、死体を取り込んで死者への愛情を転移させる謎の存在「回樹」。
  • 回樹の設定から愛に対する冷たいまなざしが、というところは確かにSFで、一方で話の構造は違う畑から取れてるっぽい味で良く、初出の百合SFという文脈においてとても優れている作品だと思った。人間関係、恋愛の暗いところを中心に書いているんだけれども、「回樹」というSFガジェットが入ってきたときにどうなるかという実験的なところはSFらしさ。好きなバランス感覚だった。
  • SFの単著は出していないからセーフ理論!

「点対」murashit

  • 双子の兄弟の裏表の語りが回転しながら変奏していく。
  • 改めてとてもかっこいい作品。最初の合流地点は何度たどり着いても鳥肌ものですね。「おしまいのアリア~」のところも。
  • 自分が代わりに氏の過去作品と絡めた感想書こうかな。このアンソロジーの解説はそういう方向じゃなかったから。→とおもったらあとからそういう方向のあとがき出てしまった。
  • 「点対」(2020)のこの形式この語りは、極めて音声的、音楽的だというのがまず大きな特徴だと思います。リフロー型電子書籍化不可能小説というお題に対して、直線的、単線的でない語りを書くというのが作品意図だと思われますが、二つの声が併走して交わって、という対位法のイメージが取り入れられている(→ゴルトベルク変奏曲にイメージが繋がる?)。
  • murashit作品がここに到達するまでには歴史というか流れがあって、単線的ではない語りを書くという課題感でいうと、「彼岸過迄」(2018)では上下二段組みで併走する語りという形式を試みていたし、「神の裁きと訣別するため」(2019)では箇条書きで語ることに挑戦してきている。これらは両方とも、形式が面白い効果を生んでいる作品だと思うけれど、それでもやっぱり結局一方方向の順番に読むことになるは変わらないじゃんというか、ある程度の単線性からは否応なく逃れられていなかったと思うのですが、それが「点対」で殻を破ってしまった感がある。二段組みとかじゃなくてもう二行セットにしてしまったことと、合流ポイントに字数をピッタリ合わせることで、二つの併走が真に時間的に同時性を持っていることを表現できる(二段組みだと、結局一段読んでからもう一段読むという、順序性から逃れられない)し、合流と交代の仕掛けが、物語の内容とも一致して効果を上げている。凄まじいですね。
    • この流れも、これ書いたあとに本人ブログで言及されてたから今さら感が出てしまったが、まあそのまま載せます。
  • もう一つ、細かいところなんだけれど好きなところで他作品と絡めると、「点対」では双子の語る内容の相互の不整合が序盤から入れてあって、しかも最初は自分たちの兄弟仲に対する認識とか、まだしも感じ方の違い、勘違い、みたいなのでも処理できるところから入っていって、背の高さ、ゲーセンとゲーム屋、どっちが服を借りたのか、と徐々にやっぱりおかしいぞ、噛み合わないぞ、という情報で盛り上げていく。このしれっと矛盾情報を入れてヒントにしてくるテクは「大勢なので」(2021)でもより磨きがかかった形で使われていて、進化してるなと思うところです。良い具合に深読みを誘うんだよな~。

「もしもぼくらが生まれていたら」宮西建礼

  • 人工衛星や宇宙機を作る(作らないのか。構想する)高校生の宇宙青春ものとして導入しつつ、パラレルものへ。
  • その仕掛けには自分はあんまり乗れなかったのと、やや説明的すぎるように感じた。

「あなたの空が見たくて」高橋文樹

  • 星間旅行(インターステラー)でたまたま知り合った地球人の話。
  • 良くも悪くもコンパクトな話で、本当にちょっと知り合った人のエピソードなんだよねという程度の大きさなんだけれど、端々に垣間見える設定や世界観が良くて好き。
  • 失神者、よすぎる。

「冬眠世代」蜂本みさ

  • 冬眠する最後の世代の熊のはなし。
  • 冬眠したりしなかったりする熊社会で、夢の中で先祖の記憶や熊同士が繋がれる、というそれだけだとファンタジー的な設定に、社会の発展で冬眠しなくなるとか、自身の冬眠出産経験を記録する民俗学者だとかのレイヤーが重なってSFの色合いが入ってくるのが良い。
  • そしてそれらを見せる語りが、夢の中の意識の流れ的に語り手が移り変わる不思議な構造を取っているのも柔らかい表現になっていて好き。

「九月某日の誓い」芦沢央

  • 奉公先の御嬢様の超能力について。
  • 大正伝奇風味の雰囲気がとても好き。
  • 能力が明かされて伏線回収の流れのところがちょっとついていけないというか、ぶっ飛びすぎてないかなと思ってしまった。科学的(?)な説明が逆に無理矢理に感じるというか……。

「大江戸しんぐらりてい」夜来風音

  • 和歌研究から算術長屋へ。エンジン系架空歴史SF。
  • アイデアが強く展開にパワーがあって良い。算術長屋の力業感から演算士の反乱に繋がっていく辺り、理屈はもう崩壊しているというかよく分かんなくなってるし、冷静に考えるとそもそも和歌や万葉仮名から結局どうこれが導かれたのかとか謎だし、最後の起動条件それでいいのかよとか色々あるんだけど、そういう細けえことは良いんだよという勢いがあるのがすごく好き。
  • タイトル回収笑った。良い。

「くすんだ言語」黒石迩守

  • 言語SF。
  • 中間言語はいいとして、それってブロックチェーンなのか?
  • 現代と地続きのリアルな質感で未来を描こうとしているところに入ってきた娘の描写に今より古いステレオタイプを感じて、そのあたりが好みではなかった。

「ショッピング・エクスプロージョン」天沢時生

  • ドンキホーテパンクSF(?)
  • 面白すぎる。勢いが好き。
  • 解説でコメントされているとおり、その無茶苦茶な面白さなんだけどストーリーの骨は王道なのがまた良い。
  • 一番好きなギャグは「実はアパレル出身」。

「青い瞳がきこえるうちは」佐伯真洋

  • VRスポーツ的な卓球を通しての昏睡者との対話。
  • 卓球のディテールが良かった。
  • 兄弟(と父)に閉じずにキャラを深めてるのが良いと思った。京都の景色も良い。

「それはいきなり繋がった」麦原遼

  • ポストコロナ並行世界SF。
  • 鏡世界であることを利用した疫病対策としての世界間移住というアイデアが鋭い。
  • 説明的な思考実験の度合いが強く、もう少し物語というかドラマというかの掘り下げが欲しいと思った。

「無脊椎動物の想像力と創造性について」坂永雄一

  • 蜘蛛SF。さいきん聞こえてくるジャンル(?)であるところの京都破壊SFでもある。
  • これはともかく画が良い。京都の景色も。模型のところも。終盤の幻視も。
  • 終盤起こっているイベントがそこで(そのときに)起こるに至る機序とか、なんか気になる部分はあるんだけど、それを容易に乗り越えてしまう画の良さがあると思った。ビジョンに振るために色々切り捨てて短編として完成度を高めてるのかなと思った。また読み返したい作品。

「夜警」琴柱遥

  • 願ったものが何でも手に入る流れ星に対して願わせるために子どもを交代で夜警に立てる村。
  • ファンタジックな要素から入ってSFツイストが効く。効くけど、全てを明かすわけでもなく、次の朝どうなるのかもわからないエンディングなのがまた良い味。SF的に全部説明されたら冷めちゃう題材だと思うので、この落ち着け方はすごく好きだった。
  • 主人公の心情や村の描写が美しい。

『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ』ミア・カンキマキ 末延弘子 訳

 清少納言に憧れ、京都に旅立つフィンランド人女性の長編エッセイ。

 あまりエッセイを手に取って読むということがないのですが、この本に関しては昨年の刊行後から良い評判を度々耳にし、Twitterでフォローしている信頼できる有識者も複数人が絶賛していたので、読んでみました。

 自分も絶賛です。非常にオススメ。読んでる途中から良すぎて思わず色んな人に布教しまくってしまったくらい。

 筆者の清少納言に対する憧れと愛情は読んでいてひたすら眩しいし(筆者が「セイ」と呼びかけるのが本当に良い)、時に塞ぎ込んだりしながらも行動を続ける姿には勇気がもらえます。枕草子の引用や、それと重ねた文体(ものづくしリストなど)、ユーモアと皮肉、その目を通して描写される瑞々しい京都、どれも一文一文が素晴らしい。憧れて追いかけて、最後に気づくシーンが本当に良かった。

 日本人としてはこれだけの情熱で清少納言について語られた本がフィンランドや他の国々に届けられるのもなんだか嬉しい。少し日本についての知識がある人でも紫式部は知っているが清少納言は知らないというのはいかにもありそうだし。

 表紙のイラストもエモくて大好き。良い本だった。

エルデンリングの正ヒロイン・ラニ様の魅力と『束の間の月光』について

 エルデンリングのせいで新刊できませんでしたSS本に掲載したSS『束の間の月光』の背景となった、ラニ様考察です。

 エルデンリングのネタバレを含みます

続きを読む

『AI法廷のハッカー弁護士』 竹田人造

 有識者正しいんだよな~。

 裁判官がAI化されてその穴を突いて無罪をもぎ取るハッカー弁護士の話。という設定で舞台がきっちり整っており、キャラが立ってて、連作式で大きな陰謀が見えてきて、という王道エンタメの構成。AI周りも作者が本職らしく、所々それっぽい話をねじ込んできたり小ネタも楽しい。一番良かったのはテンポ感とギャグで、シリアスな論戦の中でも一笑いさせてくるサービス精神がとっても嬉しい。地の文の使い方とか、ワンテンポ置いて回収したりとか、天丼とか。バイブスを感じる。終盤の諸々が明かされるところは、ちょっと説明難しすぎません?と思ったところがあったけれど、最後のアンサーの付け方はエンターテイメントとしてのスカッとする感じと、社会におけるAIの受容に関する一つの答えをしっかり出す真面目さと、でもギャグはちゃんと入れて笑わせるぜというやっぱりエンタメの案配が大変に好みだった。良い小説です。

『アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー』

『キミノスケープ』宮澤伊織

  • 好き。雰囲気が静かで綺麗。
  • 良い感じなのでもう少し先まで行って欲しいというか、きちんとけりを付けて欲しいという気持ちがある。
  • これを百合SFアンソロジーの冒頭に持ってきて殴ろうという心意気良いと思った。

『四十九日恋文』森田季節

  • 良いアイデアだと思ったけど、良いアイデアからもう一歩出てくれなかった感じがあった。
  • と書いて思ったけど、けれど、題材からしてツイストが決まるような話でもないというかそういうのがあったらそれはそれでご都合主義すぎる感じがするから、これくらいでちょうど良い気もしてきた。

『ピロウトーク』今井哲也

  • 好き。雰囲気と構成。
  • 漫画入れていいんだ。良いね。

『幽世知能』草野原々

  • 難解さと露悪的な描写(?)が、印象には強く残るけれど、好きかと言われると違う気がする。

『彼岸花』伴名練

  • 好き。圧倒的に上手い。本書で一番好き。
  • 百合SFへのアンサー過ぎませんか。
  • A⇔Bでもなく、AとBとCでもなく、二組の姉妹を構造に取り入れているのが巧み。
  • 大正風文体だと書簡体でも描写に迫力が出て良いなぁ。
  • 活動写真使うの良い意味でズルい。道具的だ。

『月と怪物』南木義隆

  • すごい。好き。
  • 射程が広い。距離も時間も。
  • 暗いのに明るいのが心に来る。

『海の双翼』櫻木みわ×麦原遼

  • ちょっと難しすぎに感じて、上手く入り込めなかった。

『色のない緑』陸秋槎

  • 学生時代の描写とかの雰囲気好き。三人の関係や周辺設定の書き込みが厚い。
  • 結論部、題材としてすごく好き。
  • そこに至るまでの現在ラインのストーリーはちょっと淡泊かなと感じた。題材的にも動きは出にくいか。

『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』小川一水

  • 自分でも不思議なんだけど文体が好みに合わない。客観的に見ると自分の好みに合う方向性な感じがするのですが。小川一水作品は数作読んでいるけれどライト方向だと水が合わないのかもしれない。ハード方向のは好きだったので。
  • 日を改めて読みたい。

群れSF『無花果の断面』Kindle版配信中

 配信されています。

 ちなみに、まだ物理本の在庫もあり、明日の文学フリマ東京で入手できます。Kindle版で読んでも良いし、紙の本で読んでも良いし、両方入手しても良い。

 収録作品に関する私のコメントはここ:ねじれ双角錐群『無花果の断面』 11/23文学フリマ東京にて!

 いただいた感想へのリンクはここ:群れSF『無花果の断面』が通販で買えるよ

『息吹』 テッド・チャン 大森望 訳

 まだ読んでなかった枠。どの作品も、アイデアと問題意識のレベルがすごく高いと思った。特に、「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」、「偽りのない事実、偽りのない気持ち」、「不安は自由のめまい」が良かった。

「商人と錬金術師の門」はある種の時間SFで、アラビアンナイト語りだ~と思って楽しく読んでいたら作品ノートにも言及があって嬉しかった。SFガジェットの働きと限界、それに語りの構造が連動しているのが美しい。

「息吹」はアイデアが良いし、自分の脳をバラしていく画も良い。熱的死の先を見るエモさも良い。あと邦題の訳し方も良いと思った。

「予期される未来」はボタンのアイデアが良いと思ったけど、それを超える展開がない内に終わっちゃった印象。

「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」は『2010年代海外SF傑作選』で既読でそちらで感想を書いてた。やっぱり良い。再読すると欲が出て最後もう少し話に区切りが付いて欲しい感じとか、続きが読みたい感じが出てきた。

「デイシー式全自動ナニー」は物足りなさを感じた。この解説体の語り方が上手くいってはいない感じ。作品ノートで趣旨は理解できたが……。

「偽りのない事実、偽りのない気持ち」は特に良かった一作で、テクノロジーが人間を拡張・変容させる王道のハードSFなんだけど、そういうときのテクノロジーに対する向き合い方の方向が複数提示されて揺さぶられる。筆者の「リメン」に対する抵抗感(網膜カメラの記録映像を検索可能にしあまつさえサジェストまでしてくることで、過去の嫌な思い出の記憶を都合良くぼやかして改変してしまう余地がなくしてしまうのは、つらいことではないか?)に共感しながら読み進め、一方作中作パートではそんなもん文字の方が正しいだろと思いながら読んでいくと、思わぬ形で二つが重なり合って、最終的に筆者が終盤述べていることの説得力が強烈になる。アイデア、問題意識と考察、それを効果的に表現する構成、すべてがすごいと思った。すごく印象に残る。

「大いなる沈黙」はワンアイデア掌編。かわいい。

「オムファロス」は題材めちゃくちゃ良いな~と思って読んだ。結末は少し平凡には感じられるが、誠実に考えたらまあそうなるかというところで安定感ある。

「不安は自由のめまい」は、これもやはりテッド・チャン的な問題意識が色濃いと思う。プリズムそのものの話ではなくて、それがあることによる人々の苦悩とか救済を真ん中に持ってきていて、かつそれをドラマにするためにプリズムの悪用の話を使って駆動していくのが上手。登場人物も多めで結構焦点がぼやけている感じが中盤するんだけど、最後の収束も見事だった。といってもキャラクターたちが収束するんでなくて、問いに対して答えが収束するというか。

#文学フリマ東京 の気になる一覧

 わたしが気になっているサークルを紹介します。いまWebカタログを高速で眺めた結果です。見逃しもあると思うからまだ増えるでしょう。っていうか見逃してると思うごめんなさい。全部回れるのかわからないけどとりあえず気になるのはタダだ。


ア-19 よるのさかな
気になるポイント:手製本がかっこいい

ア-29 六月のクモノミネ
気になるポイント:「がオンナ」が面白いらしい

イ-05 閑窓社
気になるポイント:架空の間取りが面白そう

イ-14 ザネリ
気になるポイント:アンソロジーBALMに知ってる人がたくさん参加している

イ-27-28 世瞬舎
気になるポイント:フィーリングで気になった

エ-34 薄禍企画
気になるポイント:ひとひら怪談

エ-37 C1講義室
気になるポイント:過去作品が面白かった。新刊もあるらしい

カ-12 わざなう文庫
気になるポイント:過去作品が面白かった。メタバース/VRの明日を描いた短編SF

カ-21 アーカイブ騎士団
気になるポイント:過去作品が面白かった。新刊はないらしいけど読んでない既刊があれば欲しい

カ-25 犬と街灯
気になるポイント:島アンソロジー!

カ-27 反-重力連盟
気になるポイント:過去作品が面白かった。Twitterで新刊があるらしいのを見た

カ-29 グローバルエリート
気になるポイント:過去作品が面白かった。新刊がある!

カ-34 Bamboo Storage
気になるポイント:過去作品が面白かった。自作解説の新刊が気になる

カ-37 フレエドム
気になるポイント:過去作品が面白かった。新刊はないらしいけどペーパーがあるかもしれないらしい

カ-38 推月社
気になるポイント:神原朋のSF小説『幽世香を聞け』を通して紙の同人誌でしかできない表現をする予定だったが諸般の事情によりエルデンリングのせいで新刊できませんでしたSS本『その新刊は無い、おぉその新刊は無い、だからこそその新刊は無い、おぉその新刊は無い』を頒布することになったらしくエルデンリングSSと新刊の予告が載っているらしいのが気になる。また、既刊委託頒布として、ねじれ双角錐群『無花果の断面』と、ささのは文庫『ドッペルゲンガー百合 12人狐あり・通暁知悉の村』があるらしいのが非常に気になる。より詳細な告知はこちらにあるらしいと知って気になりすぎて過呼吸になってる

キ-01-02 SF文学振興会
気になるポイント:異世界特集

キ-04 手打ちそば四畳庵
気になるポイント:過去作品が面白かった。姪探偵シリーズの新作があるらしい

キ-06 シーラカンス・バカンス
気になるポイント:過去作品が面白かった。新刊があるかわからないけどあったらうれしい

キ-11 なにいろ書房
気になるポイント:犯罪捜査人工知能「H.O.L.M.E.S.」

ケ-17 目眩 Peyotl
気になるポイント:新刊が面白いという信頼できる口コミを見た

ケ-26 雷吐炉屋
気になるポイント:怪奇系、表紙がかっこいい

シ-10:秘密結社きつね福
気になるポイント:装丁がめちゃくちゃかっこいい

シ-22:燐灯書庫
気になるポイント:過去作品が面白かった。折り本ビュッフェ

ス-39 兎角毒苺團
気になるポイント:怪しい

ス-41 獣文連
気になるポイント:獣

(to be updated…)

『ブルー・エコー 総集編1』 葵あお

 第三十三回文学フリマ東京にて入手。その前年に読んだ『月鯨の夜』が面白かったので。

 ライトノベル調のSFというかファンタジーというかの連作短編。総集編ということで490ページの分厚さながら(なかなかの圧がある)、読みやすく、内容にも引き込まれてあっという間に読んでしまいました。なんというか、安心して読み進められる感覚があってとても良いです。キャラクターが魅力的で、またその魅力が引き出される話の構成になっている……。ディアがかわいいので幸せになって欲しい。デート回よすぎる。あと行天の当機呼びめちゃくちゃ好き。続きも楽しみです。

『うつくしい繭』 櫻木みわ

 これ系の経緯で読んだ。

 アジアをフィーチャーした四本の短編で、それぞれ舞台が東ティモール、ラオス、南インド、南西諸島。東ティモール舞台の『苦い花と甘い花』が良かった。結末の重さやどうしようもない悲しさから、そこまで積み重ねられた描写や説明がもう一度返って来るというか、放心状態にさせられてしまう読後感があって素晴らしい読書体験だった。他の三作は『苦い花と甘い花』と比べると自分の好みの基準からは一段引いていたけれど、それでもどれも各地の空気が鮮やかに描いてあって、味わって読む事ができて良かった。