『冬の夜ひとりの旅人が』 イタロ・カルヴィーノ 脇功 訳

 小説は冒頭が9割。だから冒頭だけの小説を書けば勝てる。そういう理論によって書かれた小説。実際勝っている。実験としてすごく面白いし引き込まれる。でも男性読者と女性読者の対置されていなさ(アンバランス)がちょっと気になるところ。

『ベストSF2021』 大森望 編

 推薦作リストに皆月蒼葉『中労委令36.10.16三光インテック事件(判レビ1357.82)』が載っているというのでびっくりしてそのあとしばらく積んであったけど読みました。『中労委令36.10.16三光インテック事件(判レビ1357.82)』はDLsiteで電子版が読めるし、収録した同人誌『紙魚はまだ死なない』もAmazonで買えるよ。

 柞刈湯葉「人間たちの話」、伴名練「全てのアイドルが老いない世界」、藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」の3作が特に良かった。

円城塔「この小説の誕生」

 Google翻訳小説。円城塔カラーが出ていて良かった。一度読んでしまえば、逆にこの題材でここまで深めて書ける人が他に思いつかない。

柴田勝家「クランツマンの秘仏」

 秘仏論文小説。秘仏、信仰実験、という材は面白かったし、最後ぐっと引きつけて終わるところが良かった。でも論文の形式を取っていることが良い効果を生んでいるのかという点はちょっと疑問だった。自分が良いと思った末尾だって、論文からはみ出ているわけで。

柞刈湯葉「人間たちの話」

 火星地下のメタン生成岩石という地球外”生命”に関する話、ではなく、タイトル通り人間たちの話。とても良かった。あとがきにあるとおりで、SFとは何かというのを考えて書いたのが伝わってくる。アクションもガジェットもないけどSF。その上で主人公と少年の人物像の書き込みがすごかった。本書収録作の中で『ベストSF』を選ぶなら自分はこれ。

勝山海百合「あれは真珠というものかしら」

 良かった。本書の収録作の中ではこれだけ既読で、かぐやSFコンテストの最終候補作品が公開されたときに読んでいた。そのときは感想を書き残してはいなかったのだけれど、この作品はよくわからないなりに好きだった(いや、感想をメモっていなかったから後知恵バイアスかもしれない……)。改めて読むと、不思議さ、伊勢物語のモチーフ、SF要素を急に明らかにしつつも切なくポップな感じを遺す終わり方など、良いところがたくさんある素敵な掌編だと思った。

牧野修「馬鹿な奴から死んでいく」

 魔術医が魔女と戦う。タイトルがかっこいい(収録作全体的にそうだけど)。このノリは好きだけど、最後どうなったのかわからないのがちょっと納得いかない。

 この作品と次の作品については、読んだ直後はこれSFじゃねえだろと思ったけど、そういうことを言うのは良くないと思った

斜線堂有紀「本の背骨が最後に残る」

 紙の本の代わりに本と呼ばれる人が物語の内容を記憶していて、物理で焚書する。いや良かったけどこれってSF……良かった。いやでもこれってSFっていうか……良かった。かなり好き。やってることはまあ法廷モノなんだけどダークなファンタジー的雰囲気作りに凄みがあって良い。もう少しハッピーな結末なら完全に好きだった。

三方行成「どんでんを返却する」

 これはちょっと自分にはノリが合わず、なんか滑り続けているように感じられてしまった。

伴名練「全てのアイドルが老いない世界」

 タイトル通り、アイドルというものが不老である世界の話。とても良かった。アイドルについては自分は詳しくないけどかなり取材して書いている感じが伝わってきた。そしてSF愛もすごい。根幹の老いないアイドルの設定はむしろファンタジー的な作りなんだけど(それもまた嬉しいんだけど)、そこに溢れるSF愛が加わり、前提のように端々に出てくる未来感のある設定があることによってやっぱりSFになっていると思った。あと確かにKindle版の表紙イラストが良い。キャラクターに力が入っている作品なのでなおさらこのイラストは素晴らしいと思った。本書収録作で一番好き。

麦原遼「それでもわたしは永遠に働きたい」

 良かった。労働が嫌なものからもっとやりたいものに反転するとか、脳のリソースを供出することで働くことになるとか、パーツパーツのアイデアはありがちながら、組み合わせ方、ひねり方が非常に上手くて予想外の味が出ていて楽しかった。

藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」

 最高のかばんの話。とても良かった。導入から展開からオチまで全部好き。刺してくるユーモア。ツッコミに回らさせられながら、なんか居心地が悪くなってしまう風刺の良さ。この不思議さ、不条理さ、ユーモアで進んでいって最後をどう締めるのかと思ったけど、最後まで風刺の効きつつ良い画で終わって最高だった。

堀晃「循環」

 小説としてはちょっと退屈に感じた。自伝?として読んだら違う味な気はする。

群れSF『無花果の断面』が通販で買えるよ

 買えるんですよ。

 ここのBOOTHで買えるんです。

 既に文フリや通販で手に入れた方からの感想をいただいており大変嬉しい限りです。いつものように自分用にいただいた感想を貼っておく記事が欲しかったのでここにしました。

 なお、告知時の自分の記事(各作品コメントつき)はこちら

Frequently Asked Question

Q:Kindle版は出ないんですか?

A:書籍完売後、Kindleによる頒布を予定、とのことです

 前回はやくなくなりすぎたので今回はたくさん在庫があるみたいです。そういうことです。

 以下、いただいた感想のスペース。

続きを読む

『Sci-Fire 2021』

 第三十三回文学フリマ東京にて入手。ゲンロン大森望SF創作講座修了生がつくるSF文芸誌で、今号のテーマはアルコール。

 とても良いと思った小説が三作あったので感想を書きます。核心には触れないようにしますがネタバレがあります。

『進化し損ねた猿たち』高木ケイ

 太平洋戦争中のボルネオで、衰弱した白人の俘囚を連行する日本兵が、彼自身もマラリアと飢えに苦しみながら二人きり歩き続ける中、猿の巣の木のうろに溜まった酒を見つける話。作中で厳密にはどの戦争かという明記は無かったと思いますが、描写の内容から太平洋戦争末期と自分は読みました。サンダカン死の行進を連想させる。

 これが冒頭作だったのでいきなり頭をぶち抜かれてしまいました。極限状態の描写の凄みにただただ引き込まれる。からの、「虫だった。」のシーンの牽引力すごすぎ。アイデアは、アルコールというテーマのSF的な切り取り方として王道を行ってると思った。その上で、それをワンアイデアに終わらせない、このボルネオの極限状況、また日本兵と俘囚の関係という題材の取り方、そこから最後の一文に出てくる単語二文字、タイトルの意味、と繋がる構成のすごさ。そこに加えてそれを現出させる淡々とした語りの描写力、と、一読者として欲しいものが満載されていてとても好み。すごい小説だと思った。本誌で一番好きでした。

『恋愛レボリューション12』今野明広

 あらすじの説明がいまいち書きようがないんだけれど、十二歳の少年が、十三歳の女の子と二人で日課の犬の散歩をしていたら、(ここから自分の解釈)その土地の構造上そこに引き寄せられがちな魔に行き逢ってしまい、女の子のお母さんが飲酒しながら魔を討つのに少年も協力する……え?

 どこまで作意なのかわからないけど、ナンセンス的な笑いの向こうに青春があるみたいな読み取りをした。ギャグ(でいいんだよな)が笑える。BY THE WAYのTシャツとか。ただその中に差し込まれる挿話(誰にも言えなかった大切なえっちな秘密の話)がなんか良いんですよね。なんか。このナンセンスな流れの中でされる打ち明け話、どう受け取って良いかわからない、でもそこに真実がありそう、みたいな。自分でも何を言っているのかわからなくなってきました。あと途中で作者名に気づいてめちゃめちゃ面白くなってしまったんですけど、これズルくないですか。最後は思わず続いてんじゃねーよと声出た。良い小説だった。

『掌の怨念』稲田一声

 大昔に「ばけものくじら」の体内に飲まれた村に暮らし、体外に出ることを目指す「ニロ」の話と、ルームメイトから「アルコール消毒で手の常在菌を殺していたことを知って、菌の怨念が怖い」という他愛ないメッセージを受け取った「冬子」の話。

 これはアイデアで頭一つ出ているというか、飲む酒ではなくて消毒用アルコールというお題の捻り方(いやらしくない程度に時事ネタになっているというこの案配がめちゃめちゃ良いと思いました)、からの常在菌、共生関係、『自分』や『生命』の範囲……とかなり手堅いSFの問題設定で、でも話の構成としては「ニロ」の話と「冬子」の話がうまく噛み合っている(というか、噛み合っていない。安易な類比や対比の構図ではない)のが高度だと思った。あと、これは作家読みになってしまいますが、稲田さんの小説に登場するパートナーへの視線というか関係性というかそういうのが好きなのですが、「冬子」パートの二人の書き方がやっぱりよかったです。この短編の限られた字数、簡潔な言葉、しかも基本メッセージのやりとりで回想とかも挟まないのにしっかり二人の性格と関係性が伝わる。それで最後帰宅シーンで冬子”さん”呼びが提示されてその解像度にぶち抜かれてしまったな……。そういう描写と、大戸屋、今池、金山、イオンなど固有名詞の質感が合わさって、「ニロ」パートとの手触りの違いの楽しさにも繋がっていると思いました。良い小説だった。

『妖ハローワーク』 和泉好香

 第三十三回文学フリマ東京にて入手。妖とか好きだから……。

 遠野を舞台に、妖に仕事を紹介する『妖ハローワーク』で働くことになった主人公の話。王道っぽいファンタジーだった。狐の関所、実在モデルですね。実は遠野に行ったことがないので行ってみたいんだよな……。短めのほんわか温かい話ながら、主人公と蔵ぼっこの境遇の重ね合わせなどしっかり構成してあってよかった。

『5G』やんぐはうす

 第三十三回文学フリマ東京にて入手BOOTH通販もある。

 ゲンロン大森望SF創作講座第五期生の有志による合同誌。分厚い。大森望先生の「年刊傑作選に入れたい!と思う短篇が2篇ありました。」っていうコメントがなんか面白い。どの2篇なんだ。

 私は良かったなと思う短編が3篇ありましたので以下感想を書きます。ネタバレも含まれます。

『焚き銭』岸辺路久

 冒頭からの情報の出し方のコントロールが上手いと思った。死者のエモい感じと、欲にまみれた俗い感じを良い案配でミックスしてるのが巧みで心地よい。記憶の仕組みが最低限の字数で説明されてるけど、冒頭の(記憶復活前と思われる)龍三の感情の動きもそれ自体は嘘じゃないと解釈できるところがものすごく好み。4のあたりではこいつはいけそうだとかいって心中ニヤついてるわけでしょ(この語りの焦点の移動、巧みだ……)。したたかな、人間味のある悪党っていう感じがものすごく出ている。4の綺麗な感じの最後から5に繋がる流れの作り方が上手いし、短編の中でキャラをしっかり作ったからこそ結末も納得感がある。

『闇の中』新川帆立

 婚活藪の中……。これもまず序盤の情報の出し方がものすごく上手いと思った。筋立てて説明したら数行でまとまってしまう状況設定を説明せずにシーンで書いていって引き込んでくる。その設定自体も非日常と現実感の良いバランスのところを突いていて、主人公の不安が読者にも伝わりやすいと思った。藪の中方式で新しい情報が得られればその分これまで聞いたことがどんどん疑わしくなってくる構成も見事で、主人公が四番を選ぶことへの説得力がある。耳の設定もめちゃめちゃ上手いですよね(この設定の作り方はミステリ的な技術だと思った)。そこから意外な真実ですべての説明がつき……ついた? ついてない? という終わり方もある意味期待通りで、そういうのが欲しかったんだよと嬉しくなってしまう結末で好みでした。

『みそかあめのよ』河野咲子

 これは上に挙げた良かったと思う2篇とは違う方向性で、理屈でここがこうだから良いというのが自分では説明しづらいです。アピール文にあるとおり、詩のような雨、雨のような詩についてで、描写がきれい。響きや温度など身体性を感じる描写に強さがある。短めの話なのにキャラクターとその関係がくっきり浮かんでくる。とても素敵な作品で良かったです。

『異界觀相』 造鳩會

 第三十三回文学フリマ東京にて入手BOOTH通販もあるTwitterのこのリプライツリーに各作品の冒頭サンプルと紹介文がある。

 表紙や組版のデザインかっこいいですね。参加されている方のことは特に知りませんでしたがかっこよかったので購入して読みました。面白かった。おすすめです。小説の他にも詩や論考や日記(こわかった)も収録されています。小説について個別に感想を書きます。

『子午線の結び目』伊東黒雲

 いきなり強い! どういう話だったのかの説明が難しい。目玉が……いや、説明できねえ。理屈はあまり通っていない小説だけれど、イメージが強烈だった。

『白瀬矗の講演』柊正午

 白瀬矗の講演の体を取っているという導入がめちゃくちゃ興味を引かれた。白瀬矗の自伝は読んだことがあって、結構前なのであんまり覚えてないんだけど、でもなんか雰囲気がそれっぽくて引き込まれる。講演で借金返してたというエピソードもあったし。しかしおそらくメイン創作部分であろう隕石(?)が結局どうなったのかわからなかったのはちょっともやもや。

『ときめく夢だけ捨てました』灰谷魚

 漫画家志望の後輩と事故物件でルームシェアを始める話。本書収録作のなかで一番好き。めちゃくちゃ面白かった。ギャグ多めな序盤げらげら笑いながら読み(ゴミだめのところ一番好き)、ホラー要素を予感はさせつつも青春な中盤どんどん引き込まれていって(Twitterまわりのリアル感すごい。あとはやはり創作の苦しさみたいな話題が好きなので)、悪霊の下りから終盤、そうきたか、そう嵌まるのかと得心しながら読んで、最後の最後に綺麗に一発食らわされた。そのひっくり返し方はズルいじゃん! 東京オリンピックとかコロナとかコンテンポラリーな感じの描写も良い味だよなと思っていたらこう活用してくるのは本当にやられた。すごく良い小説でした。

『托卵』藤井佯

 突然現れる謎の女、自宅の町名が実は存在しない、無人の隣部屋、と導入・設定のテイストが完全に好みだし、サイゼリヤのシーンあたりからリアリティの揺らぎや特殊組版を活用した中盤の演出がかなり好きだった。終盤というか結び方は自分の好みとはちょっと方向性が違った。でもクオリティ高いと思ったし、テイスト的にも枚数的にもこの本を代表する一作としてバチッときまってるなと思った。

笹NOTY2021

 今年読んで一番面白かった小説(長編小説)についてです。あくまで今年読んだ、であり、今年発行されたものではありません。

 なお、2020年は高田大介『まほり』、2019年は高田大介『図書館の魔女』となっています。

 去年、一昨年はこの時期に数作をノミネートしてNOTYを大晦日に発表してきましたので今年もそれで。しかし、今年を振り返るとなんかそもそも読んだ冊数が少ないしそのなかで長編はさらに少なく、ノミネート段階で悩む要素があまりなかったのがちょっと寂しかったです。残り年末までの期間は文フリで買った本の消化を予定していてそれらは概ね短篇集、ということでダークホースがかっさらっていくという展開もなさそうです。来年はもっと読むぞ。

 ということでノミネート作は。

『わたしの名は赤』オルハン・パムク 宮下遼 訳

 1591年のイスタンブールを舞台に、細密画師が殺された事件を巡る物語。歴史ミステリと紹介してあることがあるけど、自分としてはなんか違う気がする。少なくとも現代のエンタメ小説としてのミステリみたいなものではない。他の細密画師の三人のうちの誰かが犯人である、けどそれが誰かはわからない、という状態で物語が進行していくので、広義のミステリの要素はあるんでしょうけど、別にフーダニットが主題では全くない。ただ歴史とか雰囲気は濃密なものがあり、これに惚れ込んでイスタンブールに飛んでしまう人がいるというのはわかる気がする。

 当時の感想はここ

 読むの重かった記憶がありますが、西洋と東洋(というか、キリスト教とイスラム教?)の相克から、挿話のボリューム、小説自体が細密画になる(!)構造、急に絵になったり語り手が死体になり犬になり金貨になり赤になり、と読者を振り回してくるので飽きさせない。ボリュームに見合うだけのスケールのエンターテイメントがある。ゆっくり味わって読むと良い作品。

《サザーン・リーチ》三部作 ジェフ・ヴァンダミア 酒井昭伸 訳

 謎の領域〈エリアX〉に対し監視機構〈サザーン・リーチ〉から送り込まれた第12次調査隊。構成員は名前を名乗ることを禁止され、互いのことを心理学者、生物学者、人類学者、測量技師と呼ぶ。彼女らは〈エリアX〉侵入時のストレスを避けるため隊員は強力な催眠暗示を受けている。〈エリアX〉に遺された手つかずの大自然と奇妙な生物たち。そこで調査隊は資料に残されていない謎の構造物〈塔〉を発見する。というのが第一部『絶滅領域』の導入。

 当時の感想はここ

 当時の感想で何が良いのか全然語りきれていないが、時間をおいたら語れるようになったかというと、うーん、あまりなっていない。上記のあらすじも全然紹介できている感じがない。読んでもらった方がいい小説。派手なアクションよりも不穏さ、奇妙さ、大自然の力強くて精密な描写、濃密な人間の感情とじっくりと侵蝕してくる狂気。『監視機構』でコントロールが意気揚々颯爽登場してボコボコにされてくところとか、『世界受容』でのゴーストバードとの関係性とか、今思い出してもすごく良い。

『蒼氓』 石川達三

『蒼氓』はもとは中編小説ですが、『南海航路』『声無き民』を加えた三部作の長編ということで。昭和初期、ブラジル移民が神戸移民収容所から出発するまでの八日間を描いた『蒼氓』、移民船の航海を描いた『南海航路』、ブラジルで彼らが働き始める『声無き民』の三部構成。

 当時の感想はここ

『蒼氓』のラストの強さとか、『南海航路』の広がりが好きですね。群像劇的な描かれ方のなかでやがて収斂していく感じ。作者の問題意識や信念がそこにずっしり練り込まれている。小水の小物感。

 せっかくなのでノミネートまでは至らなかったけど面白かった長編と、レギュレーションから選考対象外だけど面白かった短編、小説以外の創作物についてもメモ。


結果発表

『幽霊屋敷小説集』 アーカイブ騎士団

 第三十三回文学フリマ東京にて入手。第三十一回文学フリマで出たパイロット版の完成版。

 幽霊屋敷という、なかなかなさそうなテーマを選んだアンソロジー。しかも文フリのSF島。独自性の強いテーマから、順当にweirdな話が多かった印象。面白かった。

『ねじれた家』高田敦史

 パイロット版でも異彩という感じでしたが、やはり奇妙で良い。説明がつかなさすぎるのが良い。一瞬時間SFに行きかけて、解ききれなくて終わる、このもやもや感!(良い意味で) 自分はパイロット版を読んでからこの完成版を読むまでの間に全然関係ない経緯でサザーン・リーチを読んだんだけど、この哲学者とか物理学者とか呼びはあれの系譜なのだろうか。

『マットの下』渡辺公暁

 海洋SFミステリ。どこが幽霊屋敷なんだよでも面白いと思って読み進めるといつの間にか幽霊屋敷になっている。密室消失トリックはいかにもミステリ感あるんだけど引っ張らず、SF、からの怪異要素、からのやっぱりSF、からの一気に未来で、ジャンル横断の振れ幅と広がりが楽しい短編。

『壁に立つ』森川真

「主人公がヤクザのシノギでアパート建て替えのための住民追い出しをすべく曜日交代制で夜に部屋にいって大音量で音楽を鳴らしまくる」っていう状況の導入設定が良すぎて面白い。癖のあるキャラクター、通ってるのか通ってないのか際どい理路、最後にこのちょっとだけふわっとした不思議感を残すのとか、後味の悪さ、いいなー。パイロット版に載ってた方の話も是非読みたい!

『ゲーミングハウスの怪』高田敦史

 怪談クオリティが高く、構成に合わせた怪異談の詰め込み、挿話の重ね方のテクニックにすばらしく安定感があって読んでいて嬉しい。欲を言えばゲーミング要素の重ねももっとやって欲しかった感じはある(ベイトは近いけど違う?)(でも途中でゲーム再度はじまるとことか集中力のところとかは伝統的な怪異要素の解釈の仕方がすごく良いと思った)。ゲームプロについて全然知らなかったので最初ゲーミングハウスという概念自体が創作なのかと思って、光るのかなと思って読んでた。別にそういうわけじゃなかった。

『幽霊屋敷の救出』渡辺公暁

 ここまで怪異の場であり舞台であった幽霊屋敷が最後に急にかわいい存在になる。これが最後に配置してあるの良いですね。

2021年買って良かったもの

 おれはもう年末気分だ。

Oculus Quest 2

 言うほど使い倒せてないんだけど、Half-Life: Alyxだけでも元取った感ある。VRChatもっとやりたいと思いつつあんまやれてない。

NP-TSP1-W(食洗機)

 皿洗うだるさ、腰の痛み、そういうものを消す。このモデルは分岐水栓方式とタンク方式を切り替えられるやつで、我が家では諸事情で分岐水栓にできてなくて短いホースでタンクに水入れてる。若干手間ではあるけどまあ蛇口捻って待つだけなら洗剤入れたりする流れでまあ……許すか……という感じ。なお付属してくるカップみたいなやつで何杯も入れるのはさすがにだるすぎるから絶対にやめたほうがいいです。

文体の舵をとれ ル=グウィンの小説教室

 これは本そのものを買ったことというか、合評会に誘ってもらえて参加出来てるのが良かった。一人でやってたら多分途中で飽きてるので。いま七章の途中です。