『モンスター小説集』 アーカイブ騎士団

 第二十七回文学フリマ東京にて入手。上記はKindle版。

 ハチャメチャに面白いモンスター小説。四編収録されていますが二編は超短編、二編が中くらいの長さの短編。どれもレベルが高く、どれもレベルが高いです(語彙のレベルが低い人)。某氏からおすすめされたので特に中身とか見ずに買い求めましたが、買ってよかったぞ。Kindle版買えるから今すぐ買って読んだほうが良いと思います。

マンティス(高田敦史)

 人工知能に書かれたモンスター小説を紹介する文章という体裁。お題がモンスター小説なのにいきなり盛った設定で度肝を抜かれた。しかもその盛った設定がちゃんと活かされて回収され、これほど気持ちいいことはない。中身の小説『マンティス』もモンスターミステリとして良くできているし、ともかく怪作。

ヤマタノオロチ(メカ京都)

 小ネタだけど笑う。ヤマタノオロチも確かにモンスターだよな、なるほど和風で攻めるのか、と思わせて一発ネタは和風じゃない。良いアイデア。

狼男の首探し(森川 真)

 いやこれもめっちゃすごい。モンスター小説って言われてこうなるんだ……。戦後占領期ノワールモンスター小説。世界設定、キャラ、アクション、いろいろと好みな点が多く、大いに刺激されました。なるほどとか言いながら読んでた。ホーマーは良い感じに黒い主人公だし、鋼太郎は良い感じに背負わされている男だし、文夜は好き。

太平洋の奇島にゴーゴー鳥を追う(高田敦史・森川 真)

 ダジャレにいいね!してくる人は信じておけという話。ギャグが楽しい。確かにこの作品で全体のバランスがうまい感じになっている気がする。

『bnkrR vol.15 三人組』

 第二十七回文学フリマ東京にて入手。8つの短編を収録。表紙の女の子が持ってるやつなんだろう?

 今回のテーマは三人組ということで、難しそうなお題だけど、ズッコケ三人組のイメージというか三人が協力してなにか解決したりする話が多そうかな、と思ったが、必ずしもそうでもなかった。仲良し三人組で複雑な感情系が結構あったのは意外でもありなるほどとも思った。

 三縛りということで印象に残った三作の感想を書きます。

友引の鏡 城島はむ

 学校の怪談モノ。友情問題をやりつつも怪談としての構造もしっかりしており(あとからルール追加されてる下りと、トモミレイコってあからさまに都市伝説っぽい名前すき)、それでいて最終的に主人公から見たサキのミステリアス性というか、こういう不可解さ、理解できないからこそ、みたいな感情が好きで、良かった。

三者面談 深川武志

 笑う。これあんま三人組じゃないよね? 三者面談だから良いのか。まあそんなことどうでも良くて面白いから笑う。水遁の術すき。毎回この独特のギャグ作品が中盤にあることでこの合同誌は引き締まってすごく良くなってると思うので羨ましい限りですね。

三つの航跡 塚原業務

 状況設定好きなのと(元ネタの六つの航跡、読んでないです。読みたいな)、掛け合い、天丼のリズムが非常に好みで読んでいて楽しい。「正体不明の謎の女の、謎とか、謎とか」すき。AIのボケボケ感も良いですね。しかしメインの問題のところクローンの生成の扱いにさすがにガバガバ感があったので若干引っかかりました(クローンじゃなくて、分子を組み立てて作る的な技術なのか?)。でも雰囲気好き。

『冬が嫌いな殺し屋の冬』 白樺あじと(シーラカンス・バカンス)

 第二十七回文学フリマ東京にて入手。

 冬に読むのに良い短編。最初目次を見たときに章タイトルで笑いました。いや笑うでしょ。で何故か一話二話みたいに切れている話かと思って最初読んだので、一話が終わった瞬間「え!?」となってしまいました。これで終わるの、と。でも一話ではなく一章であって、ちゃんと話は続き、もやもやはきっちり二章で回収されたので、さすがの実力と安定感と思って良かったです。主人公を殺し屋にしてミステリーということになると、どうしても雰囲気が暗くなったり、あるいは変に殺人が矮小化されたりすると思うのですが、まず空気を暗くしすぎない主人公のどこかとぼけた性格や、アクセントとしての刑部さんが好きでした。また、殺人という行為の重大性についても、子供の話を出して良心の呵責的な話を向けながらもラストの処理が鮮やかで、本膳のキャラと相まって良い読後感を得られました。

『夢幻諸島から』 Christopher Priest 古沢嘉通訳

 めちゃめちゃに面白いです。夢幻諸島(ドリーム・アーキペラゴ)の旅行ガイドの体裁で、一つ一つの島の紹介をしていく連作短編集。だったはずが、途中でもう島の紹介とかではなくなる。真面目に島の紹介をしていた最初の方はこれこのペースでこの分量あるのか、という感じだったのだが、スライムの辺りから急激に面白くなり、引き込まれまくってしまった。単体だとスライムが一番好き。情報が分散してるやつだと、コミスの殺人事件。一つの短編で残った謎が、別の短編で解かれると思いきやかえって謎が増えている。んで時々思い出したようにスライムが出るの怖くて良い。あとは塔のレンガ積むやつも好き。あの一本だけ若干クトゥルフみあるよね。クトゥルフ読んだことないです。

『プランク・ダイヴ』 Greg Egan 山岸真 訳

 ハードだった。別に面白くないということはないが、やっぱりちょっと自分にはSFすぎるかなという感じがする。『暗黒整数』のエモさは良かった。『プランク・ダイヴ』の自由だってなるとこも好き。他の作品はだいたい、そこで終わるんかいって思ってしまいがち。

kindle本お得情報

 明日11/18の日本時間17時まで、惑星間通信における光速の限界によるタイムラグを埋めるために開発された「情報予言知能」を巡る近未来AIエスニックグルメ小説『二十二分間の予言』が無料!

 さらに! 11/22の日本時間17時まで(たぶん)、幻想譚、恋愛小説、SF、怪奇小説、そして、のじゃロリ狐ババア。ねじれにねじれた渇望の末、自身が物語であると自覚する七つの短編。ねじれ双角錐群の第一小説誌『望郷』のkindle版も無料らしいぞ!

 さらにさらに! 11/25まで『まんがタイムきらら展』開催記念kindle本50% offキャンペーンが実施中!! 見逃すな!!!

 以上です。引き続きご歓談ください。

ねじれ双角錐群『アンソロポエジー』@11/25 #文学フリマ 東京ア-16

 2018年11月25日(日)、第二十七回文学フリマ東京にて頒布される、ねじれ双角錐群『アンソロポエジー』に参加しています。

 ねじれ双角錐群は秋の東京文フリ参加三回目、これで三冊目の小説合同誌になります。三冊出せば一人前という話もありますので、メンバーそれぞれが概ね七分の一人前くらいにはなったのではないでしょうか。

 上記宣伝ツイートにも書いていますが、今回の企画はもとは「人類合同」というキーワードから着想し、「人類は既に滅んだ未来で」「何らかの方法で人類を観測している」「人類以外を語り手とする物語」というレギュレーションの合同誌となっています。人類のことを考える以上は、ジャンルはSFです。タイトルは人類学(アンソロポロジー)に抒情(ポエジー)を足しているわけですが、ポエジーがどこから来たのかは君の目で確かめてほしい。

 今回、僕は既に他の掲載作も読んでいるのですが、これだけ「人類以外」がバラけたのに、描こうとする人類は良くも悪くも結構通じているところがあり、業が深いぞ、人類、という気持ちです。コンタクトもの、ポストアポカリプス、SFが好きな人もそうでない人も、ぜひお立ち寄りください。

『ひとりっ子』 Greg Egan 山岸真 訳

 イーガンの履修が不足していたので。

 非常にSFだなと思った。なんというか、技術的理論的なアイデアがあって、それをひたすら核として話を書いている。SFと言いながら中心となるSF要素を魔法に差し替えても成立してしまうタイプのファンタジーに近接したSFみたいなのを読むことが多いので(というか自分はそういうのが結構好きなので)、こういうともかくSFですみたいなのを読むとSFだなと思う(?)。

『ルミナス』『オラクル』『ひとりっ子』の三作が面白かった。『ルミナス』は演出が良かった。中国なのも良い。『オラクル』『ひとりっ子』は美少女AIなので。美少女AIか?

『百億の昼と千億の夜』 光瀬龍

 昔、萩尾望都の漫画版を読んだことがあるけど原作は初読。

 超スケール時空哲学SF。超越者に挑むはシッタータ、プラトン(途中からロボ化して全部セリフがカタカナになって超絶読みにくいぞ)、あしゅらおう(なぜか美少女)。そして敵がナザレのイエスだったりMIROKUだったりする超スケール。最後のオチの部分は(書かれた時期を無視して)現代から見れば割とありがちで、ショートショートくらいの長さでも十分ありうる内容なんだけれど、ともかく壮大なスケール感の設定と、終末の荒涼とした世界観の描写で読者を引き込み、読ませる力があると思う。そして原作を読んで改めてこの雰囲気を表現した漫画版もすごかったなと。

 ナザレのイエスが長いから(?)、「ナザレの!」って呼ばれだすの好き。

『逆行の夏 ジョン・ヴァーリイ傑作集』 John H. Varley

 傑作集だった。巻頭の「逆行の夏」は、なんか翻訳が微妙に感じるところがあったりして詰まり(古かったせいかな?)、まあ、うん、と思いながら読んで、「さようなら、ロビンソン・クルーソー」も、なるほど、という感じだったのだが、「バービーはなぜ殺される」がめちゃめちゃ好きで、以降全部好きだった。「バービーはなぜ殺される」みたいな、SFなんだけど宗教みたいなのが混入してきてるのすごい好きなんだ。まあこれは設定と中盤が良くて、最後はちょっともうちょっとこうとは思ったところがあったが、次の「残像」は最後まで凄まじい。このラストが書けるのはすごすぎるでしょ。ほんまに。「ブルー・シャンペン」はエモくあるべくしてエモいので良かった。そして最後の「PRESS ENTER ■」が非常に良かった。若干古臭いところはあるが、得体のしれなさがすごい。結局この作品だけ他とジャンルが違う気がするんだけど、なんだかんだ一番好き。読んだ後に残る。