Observation

公式サイト

 SFスリラーゲームということになっている。 低軌道宇宙ステーションObservationを舞台に、何らかの事件が起きて主人公が意識を取り戻すと、ステーションの電力が低下、地上との通信が途絶し、他のクルーとも連絡が取れない……という状況で謎を解いていくアドベンチャーゲームなのだが、プレイヤーが操作するのは主人公(?)の宇宙飛行士Emma Fisher、ではなく、宇宙ステーションの管理AI・SAMだというのがこのゲームのポイントです。AIになってEmmaを助けるためにハッチを開けたり閉めたり故障したシステムを復旧させたりする。ゲーム開始時点でSAMは機能の大部分が使えない状態だし、メモリーコアの大部分を損傷していてなぜこのような状況に陥ったのかもわからない。しかしどうやらSAM自身もこの事象に大きく関わっているらしいと段々わかってくるという趣向。『2001年宇宙の旅』にインスパイアされた作品であることが制作側から明かされており、確かにSAMのポジションはHAL9000的であるし、他にも明らかに『2001年』オマージュ的な要素も登場する。

 ゲームとしてはクソだるいと言わざるを得ない。管理AIであるSAMは、基本は宇宙ステーションを構成する各モジュールに2、3個ついているカメラを操作して、パンし、ズームし、ラップトップであったりハッチのコントローラーであったりに接続してそれらを操作していく。しかしその接続というのがなぜか数字3桁を入力するという謎操作であったり、ハッチがロックされているときは回路図のグリッドを表示して別途入手しておいたコードの通りになぞる、とか、挙げ句の果てには特に説明無く磁力を調整して核融合炉を安定させろとかいう無茶ぶりを受けることになる。超高度AIも実はこんな地味な手探り作業をしていたのか……。次に何をしろみたいなミッションは画面に表示されるのだが、●●に向かえと言われてもそれがどこにあるのかわからなかったり、必要な操作対象がかなり見つけにくいところにあったり等、不親切さにより過剰に難易度が高いと言わざるを得ない場面もいくつかあった。

 しかし、そのゲームのだるさをしてなお、この作品はともかくかっこいい。まず上記のトレイラー見たらわかると思うけれど、グラフィックのクオリティが非常に高く、作り込まれた宇宙ステーションの内部をノイズ混じりのカメラ越しに見る没入感は半端なものではない。演出のかっこよさも抜群で、映画みたいなクオリティがある。声優のクオリティも高い。SF系の映画、それこそ古典では 『2001年宇宙の旅』 、わりと最近ので言えばゼロ・グラビティ(Gravity)とかインターステラーとか好きな人は、やるべきです。ゲームはだるいけど。ゲームは本当にだるい。

Dark Souls III

 そうさね。

 参加している文芸同人ねじれ双角錐群において、群員(群員?)にやたらフロムゲー好きな人が多くてよくソウルライクどうこうみたいな話になるけど(文芸同人なのでいつもゲームの話をしている)ソウルライクって言うけどそもそもダークソウルやったことないんですよねと言った瞬間激しい布教を受けて(文芸同人なのでいつもゲームの話をしている)プレイしました。とりあえず3がおすすめという話になり、1からやらないとストーリーわからんとかはないんですか、と問うと、どっちにしろストーリーはよくわからないので大丈夫という信頼できそうな情報が得られたので(文芸同人なのでいつもゲームの話をしている)普通に3からやりました。

 面白かった。ちょうどいい歯ごたえで難易度が高く、探索が楽しく、ボスが強く、練習して勝つスタイルで、装備やビルドの幅で何度も遊べる(遊べそう。今はとりあえずDLC含めて一通り一周目をクリアした状態)。ストーリーは確かによくわからないけど雰囲気がかっこよすぎる、テキストがいちいち良い。言い回しがめっちゃ気に入ってしまう。パリィして騎士を殺すのが楽しすぎる。苦労したボスはサリヴァーン、無名の王、爺でした。サリヴァーンが一番かっこよかったな。好きなNPCは火守女とヨルシカです。

『象られた力 kaleidscape』 飛浩隆

 ぞ、象られた力……。

 短編4編。最初の『デュオ』が良かった。かなり読ませる。敵(?)の強さのほどよい感じが良いし、音楽周りの設定と描写がばっちり決まっていて、登場人物の配置に無駄がなくて光っている。すごく好き。『呪界のほとり』『夜と泥の』はあんまり響かなかった。表題作『象られた力』はイメージの鮮やかさとかアクションシーンがすごい良かったけど、最後がちょっとよくわからなかった。

吸血鬼はなぜ目玉の謎を白日の下にさらすのか?

吸血鬼はなぜ日常の謎を探し求めてしまうのか?』の第2話として、『吸血鬼はなぜ目玉の謎を白日の下にさらすのか?』を掲載しました。タイトルが長すぎる。

 日常の謎×吸血鬼×百合、って紹介文に書いてありますけど、日常の謎は怪しいし、吸血鬼も怪しくなってきたし、百合も怪しいから、カップ焼きそばがカップでも焼きでもそばでもないみたいな話になってきましたね。知らんけど。

 これから長い話を展開していくぞ! という舞台が整った感じに自分では思っているので、続きも書いていきたいと思います。しかしまずは文フリの原稿を先にやるぞ。

 そういえば第0話についてはこちらの記事で自作解説をしてみたことがあるのでよろしければこちらもどうぞ。→短編小説を書くときに何を考えているのか書く:『吸血鬼はなぜ鏡の中で上下反転しないのか?』

『ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? ~好きになったJKは27でした~』 望公太

 ドルチェグストのステマ。

 最近のラノベは読まないのでよくわからないのですがみたいなことをいつも書く気がするけど別に昔のラノベはたくさん読んだわけでもないしラノベのことなんもわからん。実績のある作者の方らしいのでそうなるとこういう企画でこういう構成で書けるんだなと思った。文庫1冊の構成では明らかにないですよね。ネットの連載小説形式だよね? 連載小説のこともなんもわからんけど……。ジェネレーションギャップネタが世代的にマッチすれば楽しいのでは。というかラノベ読者の高齢化(ラノベ読者のことなんもわからん)に対して、主人公が高校生とかだともうきついでしょというのを受けて異世界に転生させるみたいな技が出てきたり最近は近親ヒロインは妹ではなく姪とか (それは違うね) まあローファンタジー路線にしても社畜を主人公にしてみるとかそういう想像力のジャンルが開拓されてきているところに、単に年の差お姉さんヒロインというのをもう一つ反転させた、非常に良く計算された一撃だと思う。出てくる世代ネタはことごとくヒロインと同年代の読者に刺さると思うし、しかし並べられた固有名詞のなかでドルチェグストだけが明らかに浮いてるからステマだと思う。絶対ステマですよこれ。

『姪探偵対腹踊り男』 ソルト佐藤

 Text-Revolutions Extraにて入手

 豪華四分冊だったので届いた時点で面白かった(?)。今回は踊る人形パロディ。それが腹踊り男になるってどういう意味だよと思ったが、腹踊り男が首なしになって、最終的に予想外のところに接続して面白かった。無理矢理にでも膨らんで重なり合うの好きなんですよね。メインの暗号部分、ネタは読者にはすぐわかるけど、でも読み取れない、というのが良い案配で、良く出来ていると思った。困ったときに読む封筒とか四コマもあって豪華だ。

Outer Wilds

ネタバレ要素ゼロの感想

 超スーパーウルトラ面白名作神ゲームです。ネタバレ要素ゼロで言います。今すぐ買え。STEAMでは7月10日までのスペシャルプロモーションで33% OFF。他にPS4Xbox Oneでも遊べる。急げ!!!!!

ネタバレを避けた感想

 ネタバレを避けて感想を語ることがほとんど不可能に近いゲームだと言えると思います。ゲームを通して体験する、知っていく、という、探索、発見、試行錯誤、そういう楽しみに溢れたゲームです。そして大宇宙、大冒険、エモい、音楽が良い、SF、最高のゲームです。無理矢理ジャンルを当てはめるならば、3Dアクションアドベンチャーゲームか? いや、なんかそういうジャンル名がつかないゲームであり、それがすごさなわけです。

 ここに少しだけ書いておくゲームの状況というか、ストーリーについても、説明ではなくて自然に、ゲームの冒頭部分をプレイすると理解できるようになっています。だから、ネタバレとまでは言えないゲームの設定の説明なんだけど、それでもこんな説明は読まずにプレイした方が早いし、それが本来の作品の想定です。今すぐ買って起動しろ。

 主人公はHearthianという四つ目で青い肌をした人型の種族。HearthianのOuter Wilds Venturesという組織は、この恒星系の歴史と謎を解明するために、探査艇に乗って他の惑星をめぐり調査を進めている。かつてこの恒星系には、Nomaiという三つ目の種族が存在していたようで、各地にその遺跡が見つかっている。彼らの優れた科学技術について調べるのもOuter Wilds Venturesの目的の一つだ。主人公は今日がパイロットとしてのデビューの日。初めて宇宙に出る日である。さらに主人公は、Nomaiの残した文書を解読する翻訳装置を手にして初めて宇宙に乗り出すという大役も任せられている。さて、母星である『木の炉辺』を飛び立った君は、まずはどの惑星を目指そう。砂が流れ落ちる『砂時計の双子星』か、水に満ちた『巨人の大海』か、崩れ落ちていく『脆い空洞』か、窺い知れない内部を持つ『闇のイバラ』か、あるいは謎の彗星『侵入者』か。いや、まずは『木の炉辺』の小さな衛星、『アトルロック』に行ってみるのも良いかもしれないし、母星の『木の炉辺』自身にだって、調べがいのあるNomaiの遺跡はある。探査船にのって出発した瞬間から君は自由で、この広い宇宙のどこへだって行ける。どこから探索を始めてもいい。あるいは探査船にのって出発することすらせず、焚き火の前でマシュマロを焼き続けていたっていい。

 ただし、これはまだみんなが知らないことだけれど、この恒星系の太陽は、もうすぐ寿命を迎える。二十二分後に太陽は超新星爆発を起こし、この恒星系は滅んでしまう。

 太陽の超新星爆発に飲み込まれた君が、次に目覚めるのは、パイロットとしてのデビューの日。君はなぜか、この二十二分間を無限にループし続ける羽目に陥った。

核心的なネタバレを避けた、多少ネタバレあり感想

 ここからは未プレイの人は読まないことを強く推奨します。核心的なネタバレは書かないが(ので途中までプレイして詰まっているくらいの人なら読んでも大丈夫。読まない方が良いとは思うけれども) 、まずはこのゲームを体験してからにして欲しい。早く買え。あと、Portalの話とUndertaleの話もちょっとしているので、両作品が未プレイの人はそれらもすぐやった方が良い(Outer Wildsは、それらのタイトルに並ぶ名作ゲームだと思った)。

 ネタバレ注意のスペース確保要因で、プレイ中の自分のツイートを貼っておきます。

続きを読む

『花のゆくえ』 佐々木海月

 Text-Revolutions Extraにて入手

 長編SF。空気感が魅力的で良かった。SFっぽさが面白い案配というか、SFが全面に押し出されているわけでは決してないんだけど、多分惑星の自転公転とかの設定にかなり気を遣って書いている感じが染み出ていたり、他にも植物周りとか本文に現れてないけど設定色々ありそうだなと思わされた。惑星の入植者は敗残者なんだけど開拓者という物語を描きがちっていう話の作りが上手いなと思った。

『殺戮にいたる病』 我孫子武丸

 は?????????

(以下ネタバレ注意)

 これもまた例によって、なんで買ったんだったか忘れた積み本読書で(最近ほんとそういうのばっかりなんだよな)、なのでどういう話だったか覚えていない状態で読んでいて、いやこれなんで買ったの? なんか多分、ミステリ系統で買ったんだと思うけど、なんかこれ普通に、サイコスリラーサスペンス的な路線じゃない? 単に狂気でエグい感じだけど……ん……? は????????? となった。

 読み返せば確かに、確かにそう書いてあるので完全にやられた感がある。トリックがテーマと連動しているのもすごいですね。

『おーりさんをさがせ!』 ソルト佐藤

 Text-Revolutions Extraにて入手。フーダニットでもハウダニットでもホワイダニットでもない、ヒロインのおーりさんがどこへ行ってしまったのかを毎回探すという、ホエアダニットミステリ連作。まずそのカテゴリ設定が上手くて面白い。コンセプト勝ちですね。そしてきちんと伏線を張って最後の最後まで無駄なく回収する丁寧な仕事が光る。しかし図がめっちゃ出てくるの笑ってしまった。軽いノリから後半重い要素も出るな……と思いきや一気に情報量が増えて加速した終盤はこれどうなったんだという感じに。ハッピーエンド……か? 会長がかわいかった。おーりさんの話をもっと読みたかった気がする。