雨月物語SF『雨は満ち月降り落つる夜』 #文学フリマ 東京にて (2)

前編はこちら

 作品紹介の続きです。

5.『boo-pow-sow』(志菩龍彦)

 老後の楽しみでカジュアル剃髪して風流ぶって旅をする、現代で言えば早期退職して蕎麦を打ち始めた的なおっさんが、高野山で夜を明かすうちに豊臣秀次とその家臣の亡霊に行き逢ってしまう怪談『仏法僧』を踏まえ、高野山という霊場を舞台としつつ風流ぶったおっさんを排除して女子高生の話にした、幻想SF。おっさんを排除して女子高生にしたの英断すぎる。仏法僧という三文字をboo-pow-sowと表記するだけでSFっぽくなるのがすごく、方言とかも含めて音声的な感覚が鮮やかなのが良い。本合同誌の百合枠です(?)。

6.『巷説磯良釜茹心中』(雨下雫)

 非の打ち所のない完璧な妻・磯良を迎え、しかし生来の浮気性から妻を裏切ってしまう男・正太郎が、嫉妬のあまり生霊となった磯良に襲われる怪談『吉備津の釜』の舞台を近未来に移し、吉備津神社の鳴釜神事をAIによる推薦配偶者制度に置き換え、しかし正太郎のダメ人間さは変わらないという恋愛SF小説。原作のエッセンスを踏まえつつ、正太郎と磯良という二人の人間性が掘り下げられており、ヒロイン磯良ちゃんの健気さに目を瞠ることになる。原作が適当に済ませた要素すら回収する技量に感服。

7.『月下氷蛇』(シモダハルナリ)

 蛇の怪異である真女児に見初められてしまった豊雄が幾度も真女児に付きまとわれ、しかし最後にはそれを退けるまでに成長する物語『蛇性の婬』の続編として書かれた短編。原作『蛇性の婬』のラストで、真女児は妹分のまろやと共に鉄鉢に封印され、地下深くに埋められた。本作は地球人類滅亡後に異星人がそれを掘り出したところから物語が始まる。原作終了直後から話を始める続編は本合同誌唯一の試みで、しかしそれが異星人の出現でおかしな方向に走り出す、スピード感のある作品。

8.『イワン・デニーソヴィチの青頭巾』(鴻上怜)

 可愛がっていた童子の死をきっかけに堕落し食人の罪を重ねて鬼となってしまった阿闍梨を、スーパー禅僧・改庵禅師が教化する俺tuee小説『青頭巾』に、まさかのロシア要素を投入した上で異世界転生で本当に俺tuee小説にしてしまった作品。続編でもオマージュでもない、パラレル展開的な『青頭巾』で、バトルシーンが笑えます。これだけ異質なものが投入されても調和し、キリスト教と仏教すら繋がる力技。真面目っぽい文章でいきなり単語選びで笑わせてくるのがずるい。

9.『斜線を引かない』(murashit)

 マネーを愛する異色の武士・岡左内が、枕元に現れた黄金の精と、金銭と社会について語り合う問答小説『貧福論』を、情念経済を題材とする美少女AIとの対話に置き換え、独特の高密度文体で語られる/記される、声に出して読みたいポストヒューマンSF小説。情念と日記が他の雨月物語のテキストを内包しているのがラストを飾るのにふさわしい。本合同誌の中で随一の、読み返したくなるタイプの魅力をもった作品。

装丁とか

 ミニマルな白色表紙、裏表紙は原作マップ。写真でわかりにくいのですが、格子柄の入った和紙風の手触りの表紙になっており、触るだけでご利益があります。

 また、各作品前の扉には、各作品の担当者が書いた原作のあらすじが配され、一応原作がどんな話だったか思い出してから/知ってから本編に入ることができるようになっております。また、そのあらすじ自体が、担当者が原作のどの部分に着目したのかというのが読み取れる手かがりにもなっているという趣向です。

頒布情報

 2019年5月6日(月・祝)、文学フリマ東京にて頒布いたします。B6版264ページ(結構分厚いぞ)、1,000円となります。Webカタログはこちら

 文フリ東京、いつもより会場が大きい一部屋になり、過去最大1,000ブース超えらしいです。やばすぎる。連休最終日は文学に溺れろ!

『火竜の僕は勇者の君と一度も言葉を交わさない』 雲鳴遊乃実

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 夢で繋がる系のファンタジー小説。雲鳴さんの小説は何作か読ませていただいて、地の文での心情表現の丁寧な積み重ねに強みがあるのかなと思っていて、本作でも”僕”の鬱屈や夢の中で得られるカタルシス、また後半で時間が経ったあとの記憶がぼんやりしている感じの表現などがよく書かれていて、タイトルの通りセリフ的な表現が制約を受ける設定とマッチしているなと思ったりした。

 カクヨム連載分に書き下ろしを加えたということで、カクヨムの方は読んでいなかったのだけれどおそらく「番外編」分が書き下ろしであろうと思われ、この形で読むと番外編まであって一作として成立しているなと思った。本編だけ読むと、ラストシーンの必然性がそこまでピンとこなかったのが、番外編でうまく回収されて、また「一度も言葉を交わさない」に対する別解というか、違う目線からのアンサーが描かれているのがすごく良かった。

 あと本筋に関係ないんだけど、最初火竜が「ひりゅう」なのか「かりゅう」なのかわからなかったので(いやどっちでもいいんだけど、セリフを脳内再生するときに気になってしまう。ネットで調べるとかりゅうのほうが多数派っぽい。主にモンハンのせいで)、初回登場時にルビがあると嬉しいかなと思った。途中でひりゅうだとわかるセリフがあったので(ひ、火竜!?)、それを初登場時にもってくるとルビなしでいくこともできると思う。

『老ヴォールの惑星』 小川一水

 とても良かった。

 SF小説。ハードSFっぽい空気にしつつ人間を描くタイプ。四編どれも、途方もなさによる極限状態のつらさみたいなのが描写され、息苦しいんだけれど、必ず結末は明るいのが希望を感じさせてくれて(きっとそれはポリシー的なものなんだろうと思う)、読後感が良いのが素晴らしい。安易に暗い感じにならないというのは結構な信念を必要とすると思う。全部好きだけど、選ぶなら「漂った男」が一番かな。

『黒塚さんの犯罪蒐集』 白樺あじと

 第8回Text-Revolutionsにて入手。1(無印)、2、3の3巻。

 犯罪を蒐集するという偏執的な趣味を持つ黒塚さんと、その助手の”僕”の話。黒塚さんは犯罪に関して天才的な嗅覚で推理を展開するが、犯人の逮捕が目的なわけではなく、あくまで犯罪を蒐集したいという立場なのが変則的で、その立場を活かした解決やトリックも楽しい。2でサスペンス要素(アクション要素?)を入れ、3で二重解決的に展開を広げていくのも良かった。なにより黒塚さんと周囲のキャラクターに対して作者の丁寧な愛情が感じられるのが読んでいて楽しかった。

雨月物語SF『雨は満ち月降り落つる夜』 #文学フリマ 東京にて (1)

 前後編に分けて告知記事を書きます。

 特設サイト:雨は満ち月降り落つる夜 – 雨月物語×SF

この本はなんなのか?

『雨は満ち月降り落つる夜』は、近世怪異小説の名作である雨月物語の9編をSF的に再解釈する小説合同誌です。雨月物語の要素を現代や未来に置き換えSF的に仕立てた小説や、雨月物語の世界と連続性をもった近未来を描いた小説などを9編収録しています。

 雨月物語の評論とか解説をするものではなく、あくまでSF小説の合同誌です。

 2019年5月6日(月祝)、文学フリマ東京にて頒布します

雨月物語を知らないと読めないのか?

 全くそんな事はありません。聖書をちゃんと読んでないとドストエフスキー読めないのか、というと別に読めると思いますし楽しめると思います。各種元ネタ知らなくても東方ProjectやFGO楽しめます。そういうレベルです。

 また、たとえば雨月物語の『吉備津の釜』を読んだことがなくてもネット怪談の『八尺様』は知ってるとか、そういう無意識下での影響があるはずなので大丈夫です(?)。詳細はこちら

どうして作ったのか?

 以前から古典文学とSFの相性は意外に良いという感覚があったのですが、雨月物語というのは影響力も強いし9編というアンソロジーにちょうどよいボリュームでもあるしということで企画しました。Twitterでやりますと告知したところ反応を示してくださった方に声をかけ、制作に至りました。

どんな作品が収録されているのか?

 それではここからネタバレ無し感想を交えつつ紹介していこうと思います。

1.『ノーティスミー、センセイ!』(笹帽子)

 拙作。冒頭が主宰なのはどうなんだというのはあるのですが、作品割当を先に決めたら自動的に原作の順序で掲載することになるよねという形で決まりました(原稿集まってから掲載順決める普通の合同誌と順序が違うな)。ヒーロー西行法師と、日本三大怨霊の一人である崇徳天皇の論争を描く歴史異能バトル『白峰』から遠い未来、ポストシンギュラリティの京都で再び二人が対峙する話に、サイバーセキュリティの啓蒙要素を加えてついでに女子小学生を足しておいた小説です。セキュリティは本当に基礎的なところで足をすくわれるので気をつけてください。

2.『飛石』(cydonianbanana)

 義兄弟と交わした再会の約束を違えぬため、自死し死霊となって駆けつけるという友情を描いた怪異譚『菊花の約』をメタ的に二次創作し、物語への没入者としての幽霊をエヴェレット的多世界解釈と絡めて仕立て上げた温泉小説。創作物に登場した舞台を訪れるいわゆる『聖地巡礼』要素と、自分が創作をしようというときにその舞台を訪れる『取材』要素を紀行文学的に配置し(温泉入りたかっただけ説もあるが)、最終的には創作とは何かという高みを目指すハードSF。射程の長さに脱帽。

3.『荒れ草の家』(17+1)

 戦乱に巻き込まれ、家に妻を残したまま七年もの長きに渡り帰ることができなかった男が、死んだものと思っていた妻と再会する幻想的な怪異譚『浅茅が宿』を踏まえ、家に侵入して閉じ込められてしまった空き巣と、家主の帰りを待ち続けるロボット掃除機とスマートスピーカーと蟹(?)たちの奇妙な生活を描く作品。前2作が原作を歴史としてあるいは創作物として踏まえた小説であったのに対し、本作は原作『浅茅が宿』の内容が直接引かれることはなく、しかしそのテーマである「帰りを待ち続ける」ことが現代的なSFガジェットを用いて掘り下げられ、最後に作者独自のアンサーが与えられており、不思議な感動があります。ロボット掃除機やスマートスピーカーや蟹(?)が可愛く思えてくること間違いなし。

4.『回游する門』(Y.田中 崖)

 夢で出逢った魚の絵を一心に描くうち、自らも魚となって泳ぎ回った僧の不可思議な体験を描いた夢幻小説『夢応の鯉魚』の、遠未来の後日譚を描いた作品。三次元的に増殖する巨大な機械都市を舞台に、名前が数字で表記され機械化された登場人物たちが繰り広げる冒険は未来SFアクションで、どこへ向かうのかと思いながら楽しく読ませたあと、その終着点はまさに近世文学のSF的解釈。魅力的なキャラクター像があり、主人公三人がわちゃわちゃしてるのが楽しい。都市が増殖する系SFが好きな方にハマる作品です。

 

後編はこちら

『飲み会が終わったら』 白樺あじと

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 日常の謎2編。『空飛ぶ灰皿 熊の理由』 の続きというか同じサークルの話。一体何のサークルなんだ……。やっぱりちゃんとミステリをやっていながらキャラクターに魅力があり、今回なんかは特に1編目と2編目にミステリ外の部分でもつながりというか解決が用意されているのが巧みだよなぁと思います。やっぱり湯河原さん好き。

『偽幽霊と冬花火』 雨下雫

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 表題作の短編の他、掌編2編を収録。表題作は熱海モノ。女性主人公はちょっと新鮮でした。斜に構えがちなので実はそっちが幽霊とかそういう展開なのかとちょっと思ったけど普通に良い話だった。普通に良い話じゃん……。あとカメラがただのエモアイテムじゃなくてちゃんと話を駆動しに来るのがしっかり光ってていいよなぁと思った。引き出しが多くてすごい。

『満ちては欠けて冬桜』の序盤の女の子みたいな系統のパワー好き。

『空飛ぶ灰皿 熊の理由』 白樺あじと

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 日常の謎2編。日常といいつつ事件そのものは割合シリアスなもの。ただ大学生たちが飲みながら推理するというところが日常っぽい感じになっている。白樺あじとさんの作品を何作か読んできましたがすべての作品がミステリとして正統で無駄な要素がなくかっちりしているので気持ちが良いです。同時に、こういう短めの話でトリックだけで終わりということもなくキャラの良さが端々に出てくるのも楽しい。チンピラの真似が上手い湯河原さんすき。

『星を見上げて ~双子惑星の渚~』 丸山弌

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 ジュブナイルっぽい雰囲気の長編SF小説。本格的な長さ(文庫版P256)で、続きの展開が気になりながら読めるようになっており面白かった。SFらしさとして双子惑星のもろもろの機序考察を入れつつ、内容的には異世界冒険ものなので、テンポよく仕上がっているからだと思う。第一部の後半が特に楽しかった。その分、第二部の終盤はちょっと尺が足りない感があったけれど(例えばリスィ側の話が知りたい)、全体としてはとても面白かった。キャラ造形がしっかりしており、ライニーカール、ジジジク、ミトヒが特にすき。ハヤカワ風の装丁も素敵。

『天体観測』 永坂暖日

 第8回Text-Revolutionsにて入手

 地上が汚染され人類は地下都市で暮らしている時代という設定の中で書かれた多彩な短編集。一作目の『あるいはそれよりも鮮やかな』がめちゃめちゃ好き。短編作品でこの世界観とキャラのディテールの書き込みはすごい。赤くて光まくってる防護服っていうのがすでに強いんだけどそれを最後まで使い切るのが好き。他の作品とも話題や作風は違うんだけど設定を共有しているというのがよくて、一冊として楽しくまとまっていた。地下世界の話が続いてちょっと地下の鬱屈みたいなのに慣れたあとで『かげろうが消えた夏』の夢の感じが入ってくるのとかすごく良いと思う。表題作『天体観測』を読み終えた後に表紙がやたらキラキラしてるのに戻るとエモい。