01_読感

01_読感

【感想】『暴力と破滅の運び手セレクション ケモのアンソロジー』

文学フリマ東京37にて入手。 「水槽のなかの虎」栗山陸  帰省した主人公の虎は、弟の友人の赤い竜の仔と再会し、心を乱される。  ケモのことはよくわかっていないなりに、ケモのアンソロジーなんですと言われてなんとなく想像する方向性の話、ではある...
01_読感

【感想】『嘘つき姫』坂崎かおる

Amazon.co.jp: 嘘つき姫 : 坂崎 かおる: 本  これまでに(本書以前に)読んだことのあった坂崎かおる作品は、「リモート」「嘘つき姫」「おしたりひいたり」「リトル・アーカイブス」「電信柱より」「ドーナツ・ホール」ですが、基本...
01_読感

【感想】『読みたい夜に Vol.1 創刊号』Y.田中崖/峰庭梟/野尻暉/一夜文庫

文学フリマ東京37にて入手。なお、文学フリマ東京37にてVol.0.5創刊準備号、Vol.2 秋灯号も購入させていただいています。  文学フリマ東京38が終わった今になって感想を書こうとしているというのが申し訳ないのですが、読むこと自体が後...
01_読感

【感想】『射手座の香る夏』松樹凛

射手座の香る夏 (創元日本SF叢書) | 松樹 凛 |本 | 通販 | Amazon  致命的な部分は避けるが、ネタバレが含まれます。 「射手座の香る夏」  人間の意識をスタックと呼ばれるデバイスに転移させる技術が発達し、スタックで人工身体...
01_読感

【感想】『11月はとばりの国』たけぞう

文学フリマ東京37で入手。ブラッドベリのオマージュ作である表題作(短めの長編サイズ)がメインで、ほか掌編小説を収録。 「塵よりよみがえり」の一族をオマージュした不死の一族の断章で、ブラッドベリが作中で宇宙の孤独と似ているとした10月の先の1...
01_読感

【感想】『エッチな小説を読ませてもらいま賞 受賞作品アンソロジー』

文学フリマ東京37にて入手。2023年最大のイベント『エッチな小説を読ませてもらいま賞 〜さあ、エッチになりなさい〜』の受賞作品アンソロジー。まだ公式サイトを見たことがない人がいたら見た方がいいです。よすぎるので。そしてこの同人誌、柱に一々...
01_読感

【感想】『さよなら的レボリューション』東山彰良

Amazon.co.jp: さよなら的レボリューション: 再見阿良 (徳間文庫 ひ 31-1) : 東山彰良: 本  元ひきこもりの19歳で三流大学の学生の主人公が、中国人女子学生に惹かれ、失恋し、中国に短期留学する。  続けて読んだきっか...
01_読感

【感想】『首振り荘の感染者』佐々木和泉

文学フリマ東京37にて入手。2作のミステリ短編を収録。 「首振り荘の感染者」は、猛威を振るうウイルス(詳細は語られない)から子供を守るという名目で用意された山荘を舞台として、ある種の密室である山荘に絶対に持ち込まれるはずのないウイルスの感染...
01_読感

【感想】『竜胆の乙女 わたしの中で永久に光る』fudaraku

Amazon.co.jp: 竜胆の乙女 わたしの中で永久に光る (メディアワークス文庫) 電子書籍: fudaraku: Kindleストア  急死した父の暮らした金沢へ帰った十七歳の少女は、父から「竜胆」の名を継ぎ、「おかととき」と呼ばれ...
01_読感

【感想】『彼女。 百合小説アンソロジー』

Amazon.co.jp: 彼女。: 百合小説アンソロジー 電子書籍: 相沢 沙呼, 青崎 有吾, 乾 くるみ, 織守 きょうや, 斜線堂 有紀, 武田 綾乃, 円居 挽: Kindleストア  百合小説として世に求められてるのってこういう...
01_読感

【感想】『幽玄F』佐藤究

Amazon.co.jp: 幽玄F : 佐藤 究: 本  主人公の易永透は、空へのオブセッションから戦闘機F-35のパイロットとなるが、超音速の世界で蛇の呪いに遭う。透の少年時代から、自衛隊時代、そしてその後。舞台も日本からタイ、バングラデ...
01_読感

【感想】『・』石井僚一

Amazon.co.jp: ・ eBook : 石井僚一: Kindleストア  歌集。タイトルの検索性が悪すぎる。短歌についての短歌が多くあることがわかりやすくその一端だと思うけれど、内に向かっていく言葉が多い。過去に読んだことのある石井...
01_読感

【感想】『チベット幻想奇譚』星泉・三浦順子・海老原志穂 編訳

チベット幻想奇譚 | 星泉, 三浦順子, 海老原志穂, 星泉, 三浦順子, 海老原志穂 |本 | 通販 | Amazon  チベットの作家たちによる怪奇幻想短編のアンソロジー。「チベット人が小説という形式で自らを表現することを始めたのは一九...
01_読感

【感想】『流』東山彰良

Amazon.co.jp: 流 (講談社文庫) 電子書籍: 東山彰良: Kindleストア  舞台は1975年の台北、主人公は十七歳の青年。祖父は中国本土から内戦で敗れ台湾に渡ってきた、主人公から見ると不死身のような人だった。その祖父が何者...
01_読感

【感想】『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』三方行成

Amazon.co.jp: トランスヒューマンガンマ線バースト童話集 (ハヤカワ文庫JA) 電子書籍: 三方 行成: Kindleストア  シンデレラや竹取物語や白雪姫などの童話にキャラクターや型を借り、トランスヒューマン時代に地球を襲うガ...