ハヤカワ文庫

01_読感

【感想】『老ヴォールの惑星』 小川一水

とても良かった。  SF小説。ハードSFっぽい空気にしつつ人間を描くタイプ。四編どれも、途方もなさによる極限状態のつらさみたいなのが描写され、息苦しいんだけれど、必ず結末は明るいのが希望を感じさせてくれて(きっとそれはポリシー的なものなんだ...
01_読感

【感想】『プランク・ダイヴ』 Greg Egan 山岸真 訳

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF) | グレッグ・イーガン, 鷲尾直広, 山岸 真 |本 | 通販 | Amazon  ハードだった。別に面白くないということはないが、やっぱりちょっと自分にはSFすぎるかなという感じがする。『暗黒整数』...
01_読感

【感想】『ひとりっ子』 Greg Egan 山岸真 訳

ひとりっ子 (ハヤカワ文庫 SF イ 2-6) | グレッグ イーガン, Egan,Greg, 真, 山岸 |本 | 通販 | Amazon  イーガンの履修が不足していたので。  非常にSFだなと思った。なんというか、技術的理論的なアイデ...
01_読感

【感想】『逆行の夏 ジョン・ヴァーリイ傑作集』 John H. Varley

傑作集だった。巻頭の「逆行の夏」は、なんか翻訳が微妙に感じるところがあったりして詰まり(古かったせいかな?)、まあ、うん、と思いながら読んで、「さようなら、ロビンソン・クルーソー」も、なるほど、という感じだったのだが、「バービーはなぜ殺され...
01_読感

【感想】『バレエ・メカニック』 津原泰水

三章構成だが事実上三編の連作小説的な趣。SFか? SFか。一章が一番好きかなぁ、終わってみれば。二章でわかりやすくなりすぎた感じがする。ただ、二章の木根原の衰弱ぶりは良かったのと、あと徹底して理沙が不在なのが良いと思った。三章はあんま納得い...
01_読感

【感想】『ねじまき少女』パオロ・バチガルピ 田中一江 金子浩 訳

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF) | パオロ・バチガルピ, 鈴木康士, 田中一江, 金子浩 |本 | 通販 | Amazon  最高のSF小説。読んでいて用語集が欲しくなるくらい分厚い設定をあんまり説明してくれないのだが、読んでいて用...
01_読感

【感想】『リライト』 法条遥

買ったはいいが、その後で「後味が悪いクソ小説」みたいな感想を見てしまい、ならなんか読む気が起きんなとしばらく積んでいたが、読んでみたところ、たしかに後味が悪いクソ小説だったが面白かったので読んでよかった。まず表紙に書いといたほうが良いと思う...
01_読感

【感想】『My Humanity』 長谷敏司

あまり落ち着いて読めない感じの作品。そういう意味での技術的成功がなされていると思うけれども同じ理由によりもう一回読みたいかといったときにうーんとなってしまうのは仕方がないと思う。SFを使って人間をばらしていくのだから正しいSFなのだなと思っ...
01_読感

【感想】『時砂の王』 小川一水

王道っぽいSF。海外モノのような硬派な語りでありながら、メインの舞台は邪馬台国、ヒロインが卑弥呼というジャパニメーションっぽい雰囲気が楽しめた。ただ読後感としては物足りないというか、収まるべきところに収まったというところで終わってしまってい...
01_読感

【感想】『あなたのための物語』 長谷敏司

非常にボリュームがあった。アクションとか急転直下とかどんでん返しとかそういうのがない重厚なSFをしっかり書ききっている。この小説自体が平板、フラット、というか、派手な展開がなさすぎて、実家に帰るシーンとかだいぶ死にたくなる。うまく感想を言え...