sasaboushi

01_読感

『満願』 米澤穂信

 このいやな感じが最高すぎる。なんかいやな感じするよなーああーーーっていう伏線回収の仕方。どの作品も完成度が高すぎてむしろ引きながら読んでたけど、特に好きだったのは「万灯」と「満願」。「万灯」は商社マンやバングラデシュの諸々のディ...
01_読感

『町かどの穴 ラファティ・ベスト・コレクション1』 R・A・ラファティ 牧眞司 編 伊藤典夫、浅倉久志他 訳

 全部怪しくて面白かったけど、特に印象が残ったものの感想を。 「町かどの穴」  町かどの穴からもうひとりの自分が流れ込んでくる話。ただ、並行世界(?)からやってくるもうひとりたちが一筋縄ではいかないというか、単なるコピ...
01_読感

『ストレンジ・フィクションズ vol.3:ゲーム小説』

 BOOTH通販で入手。  充実の一冊です。全部面白い。小説以外のコンテンツも充実しており、特にこの世のメタフィクションゲームを全てプレイしている千葉集氏の「ただひたすらメタフィクションっぽいゲーム(steamで買えるの...
01_読感

『姪探偵対マダラの音楽隊』 ソルト佐藤

 第三十四回文学フリマ東京にて入手。  シリーズもの。まだらの紐ネタ。原題を考慮して紐もバンドも出てくる(?)。あとちょっと赤毛組合。謎を提示した後に混迷度を増やしていく手腕が良いなと思った。毎回まもりがかわいいけど三割くらいこいつ...
01_読感

『圏外通信2022』反-重力連盟

 第三十四回文学フリマ東京にて入手。通販もあるようです。  面白かったです。表紙デザインの蟹反重力装置(?)が良い。  以下の個別の感想にはネタバレが含まれる。 『申候』佐久間真作  粗忽長屋に材をとっ...
01_読感

『掌編小説とエッセイのアンソロジー BALM』 オカワダアキナ他

 第三十四回文学フリマ東京にて入手。各人が二編(ときどき三編)の掌編小説+一編のエッセイを寄稿するというスタイルの合同誌。紹介文から引用すると、 アンソロジーを読んでいて、この人の作品をもうちょっと読んでみたいなあと思うことがしばし...
02_進捗

2022年7月の進捗

 というわけで、今月から進捗の記事はfanboxに代えてここに投稿されます。また、古い記事もコピーを完了しています。→進捗カテゴリ 7月の進捗  色々忙しかった割にはよくやったのではないかという気はします。割にはな。 『...
01_読感

『フォゲミノ・フォゲミナ あるいは愛すべき嘘吐きのための6つの小品』 たけぞう

 第三十四回文学フリマ東京にて入手。  嘘を共通項にまとめた短編集。上記ツイートを引用させていただきましたが、トレーシングペーパーにホワイト印刷のカバーがめちゃくちゃかっこいいです。  各作品で「嘘」が扱われている...
01_読感

The Year’s Best Science Fiction Vol. 2: The Saga Anthology of Science Fiction 2021(2/2)

 後半戦です。前半はこちら。 Go. Now. Fix. - Timons Esaias パンダ枕がみんなのピンチを救うために戦う。しばらくPandaPillowをPandoraPillowに空目してて物騒すぎるなとか...
01_読感

『流通小説集』アーカイブ騎士団

 第三十四回文学フリマ東京にて入手。2017年発行の既刊で、Kindle版もある。 『エクセルマトリクス』高田敦史  エクセル小説で、VLOOKUPに対する甘酸っぱい感情に溢れた作品。その感情はよくわからないけどエクセ...
タイトルとURLをコピーしました